« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

金色じゃなくてベージュ(Lycoris aurea Herb.???)

去年植えて結局咲かなかったリコリス・オーレアだが1年越しで咲いた。でも黄色くないんだよなぜか。

リコリス・オーレア

どっちかというとベージュ色。これはこれでいい色なんだけど、別の品種が混じってたんだろうか?

ヒガンバナ科の植物というのは結構多くて(学名だとAmaryllidaceaeだから本来はアマリリス科だったのかも)スイセンなども含まれる。もっともヒガンバナ科もユリ科から分かれたものなのでもともとのユリ科が多すぎたわけだが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グラウンドカバーの効用

ヒメツルソバ(ポリゴナム)がいい感じに成長している。

ヒメツルソバ

数株植えただけなんだけど結構広がりだしている。さすがに横方向に広がるにはそれなりに時間がかかるようだ。援軍が必要かもしれない。

ところで今日、雑草を抜いた。メヒシバなんかが生えていたんだけど、ヒメツルソバの下から生えていたやつは根がとても浅かったし、なんだかひょろひょろで抜きやすかった。そもそも他のところよりも雑草少なかったし。

あと、土が乾燥していなかった。葉っぱが直射日光を遮るんで少なくとも表面は乾燥しにくくなるんだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ニオイザクラ(Luculia pinceana)

桜といってもアカネ科。アカネ科ルクリア属。

ニオイザクラ

近所のスーパーで購入。ニオイザクラというだけあってちょっとキツめのいい香りがする。

調べるとどこ見ても「花がない時期に咲く貴重な冬の花です」と書いてあるのだが冷房が常時入りっぱなしではない部屋でパワー全開に咲いている。

ニオイザクラ

うちには夏に咲かずに冬に咲くハイビスカス(室内鉢植え)があるが、それと対称になるのか?
(と思ったら「文明堂のカステラとニオイザクラの敬老の日セット」というよくわからないものが売っているので、夏でも秋でも手に入るように栽培方法が工夫されているようだ)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

コバノランタナ(Lantana montevidensis)

この夏は夕立だか集中豪雨だかがけっこう多くて、せっかく植えたニチニチソウが雨の勢いでどこか折れたのか2本しおれてしまった。植えなおそうとニチニチソウを買った近所の農協に行ったがすでに売り切れ。そこで買ったのがこのコバノランタナ(クマツヅラ科ランタナ属)。

コバノランタナ(黄色)

ランタナって別名シチヘンゲというぐらいでこういう黄色一色のがあるとは知らなかった。もう一株のほうは

コバノランタナ(多色)

ランタナっぽいのだが。

コバノランタナはランタナよりは背が低く、ほふく性があるらしい。寒さにはそこそこ強くてグラウンドカバーにも使えるそうだ。
この鉢からどこかにそのうち移したほうがいいかもしれない。


| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »