« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

サフランライスの元(Crocus sativus)

買ったまま放置しておいたら網袋からにょきにょき芽が飛び出し始めたので11月に入ってからあわてて植えたサフラン。去年は振り返ってみると9月に植えてるんでまさに「土と鉢という土台に置いただけ」状態。でも無事に花が咲いた。

サフラン

去年も書いたけど、サフランライスの色の元はこいつのめしべである。

サフランライスの色の元

こんなに垂れ下がっていてめしべの役割を果たすんだろうかと思ったが球根植物なんで問題ないのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだまだサンパラソル(Mandevilla boliviensis)

シャコバが咲いてる横でまだまだ咲きそうなサンパラソル。
開きかけたつぼみを撮ってみた。この色合いがきれいなんだよなあ。

サンパラソル

ただ、戸外での冬越しは微妙なので(最低5度以上。雪さえ降らなければ東京なら何とかなりそうだけどここまで来ると枯らすともったいない)、30~40cmに切り詰めて、去年は植え替えもしなかったからちょっと根も切ってコンパクトにして取り込む必要がありそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年もシャコバ(Schlumbergera truncata)

今年もシャコバサボテンが咲く季節になったなあ。
今回は室内に取り込まないでベランダに放置したままなのにこのつぼみの数、この勢い。
うちにシャコバはよく適応している。

ぎっしりシャコバサボテン

まだ花は開ききっていないのでおしべやめしべは見えていないようだ。

シャコバサボテン

| | コメント (3) | トラックバック (1)

球根計画2005-2006

今年も球根を植えた。やはりユリが中心。今年は一応ビニひもでマーカーをつけて、場所がある程度わかるようにした。数週間前にでかいスコップでよく耕しておいたので掘りやすくて助かった。ユリは深く掘らないといけないから。

球根
忘れないようにメモメモ。
シャンデリアリリー「ピンクタイガー」、スカシユリ「カンカン」、オリエンタルハイブリッド「キスプルーフ」(キスしても平気って意味か?)、オリエンタルリリー「ビビアナ
フォックステールリリー「ピーチ」「レモン」、ジャンボリリー(ってオリエンタルハイブリッドかな)「ダイナマイト

球根
フレグランスフリージア「ポメロル」、シャンデリアリリー「テニフォリウム・プミルム」(今年咲かなかったので再挑戦)、アリウム「パープル・ギガンチュウム」(なんか最初から球根が3つに割れてたんでちょっと心配)

球根

ダッチアイリス(あやめ)「フランスハルズ」、大カップ咲きスイセン「ヨハンシュトラウス」、なお横に見えているのは今年咲いたヒガンバナ「リコリス・オーレア」(来年も期待)。そういえばスイセンってヒガンバナ科なんですね。ユリ科かと思っていた(そういう分類もある)。

あと、すき間にあまり大きくならないアリウム「モーリー」を。

天気予報で「今年は何年ぶりかに平年より寒い11月(下旬)」になっているらしい。そういえば去年も一昨年も半袖のシャツで作業してたなあ。今年はさすがに長袖だったけど。ちゃんと冷えてくれて球根が痛まないことを祈るのみ。

チューリップも買ってあるが、これはまた来週にしよう(鉢植えだし)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パンジー、パンジー(Viola×wittrockiana)

ニチニチソウが終わったのでパンジーに植え替え(植え替えそのものはもう半月ぐらい前だな)。定着したみたいで次々に花が上がってきている。

今年の新色はなぜか「リカちゃん」とコラボした「虹色スミレ」。

虹色スミレ

虹色スミレ

虹色スミレ

うーん、別にこれまでにもあった色のような気もするし、ちょっと変わった感じにも見えるし。

昨年の反省から一鉢一株にしてある。たぶん、それでも春には根が張ってぎゅうぎゅうになるけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大文字草(Saxifraga fortunei var. incisolobata)

近所のホームセンターで買ってきた、ダイモンジソウ。花が終わりかけだったので安売りしていた。

ダイモンジソウ

ユキノシタ科。
ということで日陰に強い(というか完全に「山野草」でもある)ので、シェードガーデンに植えた。
シェードガーデン、成績が悪くて…。ホトトギスも1つしか花が咲かなかったし、ギボウシも花が咲かなかったし。

ユキノシタ系列だけがそこそこがんばっているのでこいつにもぜひ来年に向けて増殖してもらいたい。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

紅白チェリーセージ(Salvia microphylla)

マネッチアと一緒に買ってきたのがこのチェリーセージ。以前に地植えにして巨大化しすぎ他の花を圧迫したので引っこ抜いた経験から、今回は鉢植えに。

チェリーセージ

巨大化したやつは「チェリーセージ『シグナルレッド』」でその名のとおり花全体が真っ赤。今回のは特に名前がついていなかったが写真のように紅白に色分けされた花である。

紅白
ニシキゴイみたいな色だなー。
(追記:その後「どてかぼちゃ」さんのブログで愛称が「ホットリップス」であることが判明)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

マネッチア~ファイヤークラッカー(Manettia luteorubra)

マネッチアというつる性の花を買ってきた。フェンスを巻いた柱に這わせるつもり(そううまく延びるかどうかはわからないが)。

マネッチア
身もふたもない感じのラベル。星型…に見えなくはない花だからか。

和名アラゲカエンソウ 英名Firecracker vine。アカネ科。
和名は花が炎のような感じに見えることからついたのだろう。Firecrackerは爆竹。確かに紐(導火線)にくっついた爆竹がはぜているように見えなくもない。

アラゲカエンソウ

ファイヤークラッカーといえば

イエロー・マジック・オーケストラ
YMO
Sony Music Direct (2003/01/22)
売り上げランキング: 5,349
おすすめ度の平均: 4.4
5 冒涜かもしれないが
5 やっと出ました
5 コンピューターサウンドの始まり!

YMOのデビューアルバムの2曲目を思いだす。1曲目がほんとにゲームサウンドそのものでそこに爆竹みたいな効果音がかぶって2曲目に入るのだ。
当時繰り返し聞いたっけなあ。まだアナログレコードだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »